東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

茨城・神栖 不明女子大生か、遺体発見 遺棄容疑で35歳男逮捕

 東京都葛飾区に住む薬科大学一年の女子学生(19)が昨年十一月下旬から行方不明になっている事件で、警視庁捜査一課は三十一日、茨城県神栖(かみす)市内の畑で、この女子学生とみられる遺体を発見したと発表した。同日、死体遺棄の疑いで同市深芝南二、無職広瀬晃一容疑者(35)を逮捕した。

 一課によると、広瀬容疑者は「土の中に埋めた」と容疑を認めた上で「掲示板で知り合った女性に騒がれてしまい、車の中で殺してしまった」と殺害についても認めている。一課は、遺体は女子学生とみて身元確認を進めている。逮捕容疑では、昨年十一月二十日ごろ、神栖市須田の敷地内に遺体を遺棄したとされる。

 一課は今月二十四日、失踪直前に女子学生と一緒にいた広瀬容疑者の自宅を逮捕監禁容疑で家宅捜索するとともに、任意で事情を聴取。広瀬容疑者は三十日夜になって「死体を埋めました」と供述したという。三十一日未明、供述に基づき市内の畑を調べ、遺体の一部が見つかった。

 一課は、広瀬容疑者が昨年十一月二十日夜〜二十一日未明に女性を殺害後、畑に深さ四十〜五十センチほど穴を掘って埋めたとみて、詳しく調べている。一課によると、広瀬容疑者は二十日に女子学生と初めて会ったという。同日は当時勤めていた会社を休んだが、二十一日は出勤していた。

 女子学生は栃木県出身で、葛飾区内で一人暮らしをしていた。同月二十日午前、都内の薬科大で授業に出席した後、連絡が取れなくなった。離れて暮らす両親が同月二十二日、「娘と連絡が取れない」と亀有署に行方不明届を出した。

 駅の防犯カメラなどで、女子学生は同月二十日、JR綾瀬駅(足立区)から電車に乗り、千葉県を経由して茨城県に一人で移動していたことが判明。JR鹿島神宮駅(鹿嶋市)からタクシーに乗り、隣接する神栖市方面へ移動していた。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報