東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

インフル流行、過去最多 全都道府県「警報レベル」 1医療機関57・09人

写真

 厚生労働省は一日、二十一〜二十七日の一週間に報告されたインフルエンザ患者が一医療機関当たり五七・〇九人だったと発表した。昨冬ピークの五四・三三人を上回り、集計が始まった一九九九年以降最多。全都道府県で三十人を超える「警報レベル」となった。医療機関を受診したのは全国で約二百二十二万六千人(推計)で、前週から十万人近く増えた。

 全国約五百の医療機関から報告された入院患者数は一週間で三千二百五人、集中治療室や人工呼吸器、脳波検査などが必要なケースは延べ六百二十八人に上った。昨冬ピーク時は、それぞれ二千五十人、延べ三百七十九人で、今冬は重症例が目立つ。七十代以上が入院患者の半数超を占める一方、約二割は〇〜九歳だった。各地で死亡例の報告も相次いでいる。

 根本匠厚労相は閣議後の記者会見で「具合が悪い場合には、早めに医療機関を受診していただきたい」と述べた。

 都道府県別では埼玉の八四・〇九人が最多。新潟(七七・七〇人)、千葉(七三・〇〇人)、宮城(六九・八一人)、神奈川(六七・九四人)が続いた。三十一都道府県で前週より増えた一方、十六府県は減った。

 休校や学年閉鎖、学級閉鎖となった保育所、幼稚園、小中高校は、全国で計八千九百二十八施設。前週の六千三百四十三施設から大きく増えた。

 今シーズンの推計患者数は累計で約七百六十四万一千人。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報