東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

自宅で女性乱暴 新井容疑者逮捕

写真

 自宅で派遣型マッサージ店の三十代女性従業員に乱暴したとして、警視庁捜査一課は一日、強制性交の疑いで俳優の新井浩文(本名・朴慶培(パクキョンベ))容疑者(40)=東京都世田谷区太子堂三、写真=を逮捕した。一日朝から自宅を捜索し、任意で事情聴取していた。

 逮捕容疑は昨年七月一日未明、自宅に派遣された女性従業員に、頭を押さえつけるなどの暴行を加え、乱暴したとされる。

 捜査一課によると、店側は利用者に対し、マッサージ前に「性的サービスは禁止」と伝え、書面へのサインを求めている。新井容疑者も説明を受け、サインしていた。容疑を一部認める一方「押さえつけていない」とも供述。捜査関係者によると「性的サービスが禁止されていることは分かっていた」と説明している。

 自宅には当時、他に人はおらず、新井容疑者は飲酒していたという。女性は事件直後、警視庁に相談。昨年八月下旬、世田谷署に被害届を提出していた。

 新井容疑者の所属事務所は逮捕を受け、ホームページに「誠に遺憾で、被害者の方や関係者の皆さまに深くおわび申し上げる」とのコメントを掲載した。

 新井容疑者は青森県出身。「血と骨」「アウトレイジ ビヨンド」など映画を中心に、あくの強い脇役を多く任され、実力派として評価されてきた。二〇一六年には映画「百円の恋」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報