東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

立春ぽかぽかの始まり

暖かい日差しにコート無しで街を歩く人ら=4日午前、東京・銀座で(朝倉豊撮影)

写真

 立春の四日、関東地方は南部を中心に暖かい南風が吹き込み、特に沿岸部では未明から気温が一五度を超え、暦通りに春めいたポカポカ陽気の朝となった。しかし、四日夜には冬型の気圧配置に戻り、寒気が流れ込むため気温が急降下する見込み。五日以降は冬の寒さに逆戻りしそう。

 気象庁によると、四日朝は低気圧が日本海を東へ進み、低気圧に向かって南から暖気が流れ込んだ。

 東京都心では午前六時の気温が一六・一度と、春を通り過ぎて初夏の陽気に。北風に変わった同七時すぎには八・五度まで下がったが、それでも平年より七度余り高く、四月上旬並みの暖かい朝だった。

 午前十時には再び一五度を超え、オフィス街ではコートを着ないで歩く人も目立った。千葉県鴨川市では午前十時前に二〇度を超えた。

  (宇佐見昭彦)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報