東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

暴行「とめられず反省」事件当日は朝から在宅 野田・小4死亡 母も傷害容疑で逮捕

逮捕後の勾留のため、千葉県警松戸署に移送された栗原なぎさ容疑者(左)=4日

写真

 千葉県野田市の小学四年栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡し、父親の勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、県警は四日、勇一郎容疑者と暴行を共謀したとして、心愛さんの母親なぎさ容疑者(31)を傷害容疑で逮捕した。県警は、父親による暴行を制止せず同調していたとみて、裏づけを進める。

 逮捕容疑は、一月二十四日午前十時〜午後十一時十分ごろ、勇一郎容疑者と共謀し、自宅で心愛さんに冷水シャワーをかけ、首付近をわしづかみにするなどの暴行を加えて、けがを負わせたとされる。県警はなぎさ容疑者の認否を明らかにしていない。

 なぎさ容疑者は事件当日の朝から夜まで自宅におり暴行の制止や警察への通報もしなかったことなどから勇一郎容疑者との共謀を問えると判断したとみられる。県警は、なぎさ容疑者は積極的には暴力に関わっていなかったとみている。

 ◇ 

 捜査関係者によると、なぎさ容疑者は、勇一郎容疑者による「暴行を止められなかったことを反省している」と供述しているという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報