東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

広島県警 証拠品盗難、内部補填へ 職員らから8500万円集金

 二〇一七年五月に広島中央署で特殊詐欺事件の証拠品として金庫で保管されていた現金八千五百七十二万円の盗難が発覚した事件で、広島県警が、職員らで現金を出し合って全額を補填(ほてん)する方針を固めたことが五日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、現金は所属長級以上の警視正や警視から徴収。県警の全職員が加入する互助会や退職者でつくる組織からも現金を拠出し、八千五百七十二万円全額を穴埋めする方針で、一八年度中にも集金を終えるとみられる。

 事件は一七年五月八日に発覚した。県警は内部の人間が関与した疑いが濃厚とみて、当時の広島中央署員や元署員らを聴取していたが、犯人は特定されておらず、現金も見つかっていない。

 捜査関係者によると、盗まれた現金が見つからないままでは詐欺事件の被害者救済ができなくなるが、内部犯行の可能性が高い中で、税金での穴埋めは県民の理解を得られないとして県警内で集める方針を決めた。

 現金は、生前贈与を持ち掛ける詐欺事件で一七年二月に容疑者らを逮捕した際、自宅や関係先から押収した約九千万円の大半。事件は同署生活安全課が担当し、多額のため一階会計課の金庫で保管していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報