東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

日大悪質タックル 前監督ら「嫌疑なし」 警視庁、第三者委報告と正反対

内田正人前監督

写真

 日本大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、警視庁は五日、傷害容疑で告訴されていた内田正人前監督(63)と井上奨(つとむ)前コーチ(30)について、相手選手にけがをさせる指示をしたとは認められず、「犯罪の嫌疑なし」とする捜査結果を東京地検立川支部に書類を送付した。二人は刑事責任を問われない見通し。 (木原育子、西川正志)

 タックルをした宮川泰介選手(20)についても同日、傷害容疑で書類送検したが、被害者側と示談が成立していることなどから、起訴を求める「厳重処分」ではなく、検察に判断を委ねる「相当処分」の意見を付けた。

 反則行為があったのは昨年五月六日、東京都調布市での関西学院大との定期戦。パスを投げ終えて無防備だった関学大の選手が背後からタックルを受け、約四週間のけがを負った。関学大の選手側が内田前監督と井上前コーチを告訴していた。

 宮川選手は記者会見で、井上前コーチから「監督が『相手のクオーターバック(QB)を一プレー目でつぶせば試合に出してやる』と言っていた」と伝えられたと説明。内田前監督らがけがをさせる指示をしたか否かが焦点になっていた。

 しかし、「つぶせ」は思い切り行けという意味で、必ずしもけがをさせる意図ではないと、捜査一課は判断。「『やらなきゃ意味ないよ』と内田前監督から言われた」との宮川選手の説明についても、ほかに発言を聞いた人はおらず、認定できなかった。

 このほか、タックルの後、井上前コーチが「やりましたね」と話し、内田前監督が「おお」と応じたとされた点についても、このやりとりを証言した選手の勘違いだったことが判明。内田前監督のインカム(ヘッドホン)は不具合で作動しておらず、一課は、二人のやりとりはなかったと判断した。

井上奨前コーチ

写真

 一課は、内田前監督らについて、傷害の共謀共同正犯や教唆に当たるかどうかを捜査。延べ約四百二十人から聴取し、試合の映像を解析した結果、指示はなかったと結論づけた。

 日大の第三者委員会は昨年七月、指示があったとする最終報告をまとめ、日大は二人を懲戒解雇にしていた。内田前監督は日大側を相手取り、解雇は無効とする訴えを起こしている。

★警視庁が認定した主な事実

(1)前監督は3回の反則行為のうち、1、2回目の悪質タックルを見ていなかった

(2)「やりましたね」(前コーチ)、「おお」(前監督)とのやり取りはなかった。証言した選手の勘違いと判明した

(3)前監督のインカムは不具合だった。前コーチは別のコーチとインカムで会話していた

(4)前監督のポケットにはスタメン表が入っておらず、出場選手を詳しく把握していなかった

(5)前監督が試合後、記者に「私がやらせた」と話したのは、悪質タックルとは別の3回目の反則行為についてで、選手をかばう発言だった

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報