東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

豚コレラ5府県に 愛知県、把握後も連絡遅れ

 愛知県は六日、県の遺伝子検査で豚コレラの陽性反応が出た同県豊田市の養豚場の豚の感染が国の検査で確定したと明らかにした。この養豚場の出荷先のうち、長野、岐阜、愛知、滋賀、大阪の五養豚場でも感染を確認。昨年九月に岐阜市の養豚場で国内二十六年ぶりの発生が判明した豚コレラは五府県に拡大した。長野県への搬出は豚に症状が出た後で、愛知県が出荷を把握した後も連絡が遅れた。農林水産省は一連の経緯の調査を始めた。

 吉川貴盛農相は六日、省内での対策会議で「極めて重大な局面を迎えている」と述べ、防疫措置の徹底を指示した。各府県は計一万五千頭規模に上るとみられる殺処分などを進めた。

 豊田市の養豚場は長野県宮田村、岐阜県恵那市、愛知県田原市、三重県内、滋賀県近江八幡市、大阪府東大阪市の養豚場に子豚を出荷。このうち三重県以外の養豚場五カ所で陽性を確認した。

 愛知県によると、五カ所のうち四カ所へは一月十八日から二月三日に出荷された。宮田村への出荷は最後。豊田市の養豚場から四日、食欲不振などの症状があると県に連絡があり、県は五日午前九時ごろ立ち入り。遺伝子検査を始めるとともに出荷自粛を求めたが、約二時間前に搬出していた。現場の職員は出荷を把握したが、長野県への連絡は、複数回行う検査で最初の陽性反応が出た午前十一時半すぎだった。この間に宮田村の養豚場は長野県松本市内の食肉処理場へ豚を搬出し、さらに被害が広がった。

 愛知県畜産課は「陽性が出るまでは豚コレラを疑っていなかった」としている。その後、さらに詳細な国の検査で六日に確定した。ウイルスの型は、これまで岐阜県で見つかったのと一致した。

写真
写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報