東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

鏡の自分 魚もギョッ? ホンソメワケベラ 大阪市立大が研究

鏡に映った自分の姿を見るホンソメワケベラ

写真

 鏡に映る自分の姿を魚も認識できることが「ホンソメワケベラ」という海水魚を用いた研究で分かったと、大阪市立大の幸田正典教授(動物社会学)らのチームが八日、米科学誌電子版に発表した。

 こうした「鏡像自己認知」能力は、ヒト以外では、いずれも高度な社会生活を送るチンパンジーやイルカ、ゾウなどでも確認されている。

 幸田教授は「魚類の記憶力や認知能力は低いと考えられてきたが、高度な知性や洞察力を持っているかもしれない」としている。

 実験では、水槽に鏡を入れて数日間は、他の個体と勘違いして攻撃するが、やがて鏡の前で突然ダッシュするなど不自然な行動を取るようになった。

 実験開始から七日後ごろには鏡に映る自分の姿を頻繁にのぞき込むようになったため、チンパンジーでの研究事例などから、鏡像自己認知ができたと判断した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報