東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

24歳女子、わな猟修業中 津の「わな師」父から極意

山林にわなを仕掛ける(左から)古田愛さん、父の洋隆さん、夫の建輝さん=津市美杉町で

写真

 山にわなを仕掛けてシカやイノシシを捕獲する「わな猟」。津市美杉町のわな専門猟師、古田洋隆さん(63)の次女で会社員の愛さん(24)は、父親の技を受け継ごうと修業をしている。「命をいただく仕事なので簡単なことではない。わなの極意を学んで、いつか父のようになりたい」と語る。 (上井啓太郎)

 昨年十二月二十三日。市内の山中で、わなにかかったシカが逃げようともがいていた。洋隆さんから「ここを刺して」と指示を受け、愛さんがシカの胸元をナイフで刺すと、しばらくしてシカは動かなくなった。

 愛さんは猟銃で仕留めたことはあったが、わなにかかった獲物にナイフでとどめを刺すのはこの日が初めて。「怖かった。刺さった感じがなくて、合ってるか不安だった」

 古田家は代々猟師を家業としてきた。洋隆さんは獲物を捕獲する能力が高く、「わな師」と呼ばれる。獲物から素早く血抜きをして良質のジビエを提供するため、全国の料理店から注文が殺到している。

 愛さんは高校卒業後、理学療法士になろうと専門学校に通っていたが、洋隆さんが山から大変そうに獲物を運ぶ姿を見て手助けしたいと思い、中退して四年前に銃猟免許を取得。猟に同行するうちに、山で獣の足の運びを読み、巧妙にわなを仕掛けるわな猟の奥深さを知った。

 洋隆さんが作るわなは、地面に置いた木の板を踏むと、ワイヤが獲物の足を締めて捕らえる。市販のわなはウサギなどでも誤作動することがあるが、洋隆さんのわなは狙った重量の獲物だけ捕らえる。

 「直接、技術を受け継げるのは自分しかいない」。昨年八月にわな猟免許を取り、本格的な修業を始めた。洋隆さんは「これからが長い道のりだが、これで安心してバトンタッチできる」と喜ぶ。

 愛さんが猟をする理由の一つに、シカなどによる農作物の被害の広がりがある。農林水産省によると、二〇一七年度の農作物への獣害は全国で百三十二億円。一五年度時点で狩猟免許所持者の六割以上が六十歳以上で、猟師の高齢化が問題となっている。

 愛さんはピンクの狩猟着を身に着け、おしゃれにも気を配る。「同世代で本格的に猟をする人はいない。猟のイメージを変えることで、自分に続く若い猟師が出てきてほしい」

 今は同じ時期にわな猟免許を取った会社員の夫建輝(たつき)さん(24)と共に、仕事が休みの日に洋隆さんから教えを受けている。「父の助けを借りずにわなを仕掛けられるようになるのが次の目標。早く一人前になりたい」と話す。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報