東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

傷害容疑で父再逮捕へ 野田・女児死亡 昨年12月も暴行か

 千葉県野田市で小学四年栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件で、父親の勇一郎容疑者(41)が昨年十二月下旬にも心愛さんに暴行してけがをさせた疑いが強まり、県警が傷害容疑で再逮捕する方針を固めたことが、捜査関係者への取材で分かった。勾留期限の十四日にも再逮捕する。

 司法解剖の結果、心愛さんの体には複数の皮下出血やあざがあり、死因は不明だが、肺から水が検出された。県警は日常的に虐待が繰り返された疑いがあるとみている。

 県警は一月二十四日午前十時ごろから午後十一時二十分ごろまでの間、心愛さんに冷水シャワーを掛け、首付近をわしづかみにするなどしたとして、翌二十五日、勇一郎容疑者を傷害容疑で逮捕。共謀したとして、母親のなぎさ容疑者(32)を二月四日に同容疑で逮捕していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報