東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

75歳超運転死亡事故460件 警察庁18年集計 過去最高14%

写真

 七十五歳以上のドライバーが過失の最も重い「第一当事者」となった交通死亡事故が、二〇一八年は前年を四十二件上回る四百六十件あったことが十四日、警察庁の集計で分かった。七十五歳未満も含めた三千九十九件の14・8%を占め、割合として過去最高を記録した。五年連続で減少した運転免許保有者十万人当たりの死亡事故件数も増加に転じ、高齢者事故対策の難しさが浮き彫りとなった。

 警察庁によると、七十五歳以上の免許保有者は年々増加し、一八年十二月末時点で約五百六十三万人。担当者は「団塊世代が高齢者層となるため、さらなる事故対策が必要」と話している。

 交通事故全体の発生件数は四十三万六百一件で、死者数は三千五百三十二人。ともに前年より減少し、死者数は統計のある一九四八年以降最少だった。

 七十五歳以上が第一当事者だった死亡事故の種類別を見ると、電柱などに衝突する「工作物衝突」が九十四件、「出合い頭衝突」が八十五件、「正面衝突」が七十件、道路外にはみ出す「路外逸脱」が五十八件など。原因はハンドルやブレーキの操作ミスや、周囲をよく確認しないケースが多かった。

 免許人口十万人当たりでは、七十五歳未満は三・四件で減少傾向が続いている。一方、七十五歳以上は近年、一七年の七・七件まで下がり続けたが、一八年は八・二件と増加した。

◆「あおり」摘発1万件超

 高速道路で前方の車と距離を詰めすぎたなどとして、二〇一八年に道交法違反の車間距離不保持で摘発された事案が一万一千七百九十三件あったことが十四日、警察庁の集計で分かった。前年の六千百三十九件から、ほぼ倍増した。社会問題化したあおり運転の取り締まりを強化した影響とみられる。

 また一八年の交通事故の集計では、カーナビやスマートフォンなどを見ていて起きた事故は計二千七百九十件。年々増加していたが、前年に比べ四十二件減少。主な内訳は、カーナビやテレビの注視中の事故が約千七百件と過半数を占め、スマホや携帯電話を見ていたのは約九百七十件だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報