東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

25年ぶり西武特急デビュー 窓丸く大きく

報道陣に公開された西武鉄道の新型特急車両001系「Laview」(手前)。奥は現行の「レッドアロー」=14日午前、埼玉県所沢市の小手指車両基地で(潟沼義樹撮影)

写真

 三月十六日にデビューする西武鉄道の新型特急車両「Laview(ラビュー)」が十四日、埼玉県所沢市内の車両基地で報道陣に公開された。現行のニューレッドアロー以来二十五年ぶりの新型車両で、池袋駅−西武秩父駅間で運行される。

 特徴は大きな窓。先頭車両の先端は球面状で運転席前方の窓は曲面ガラスを採用。客室の窓は縦約一・三メートル、横約一・五メートルあり、沿線の景色をパノラマで楽しめる。西武のシンボルカラー黄色の座席はソファのように乗客を包みこむデザインになっている。

 名前は大きな窓から見える眺望「view」などにちなんでいる。まずは一編成(八両)だけを投入し、ちちぶ号(池袋−西武秩父)、むさし号(同−飯能)として運行。二〇一九年度中に同路線のニューレッドアローは順次ラビューに置き換わる。 (宮崎美紀子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報