東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

都立高入試にスピーキング 「使える英語を」 現在の小6から

東京都内で行われた英語のスピーキングテストの試行調査=2018年9月(東京都教委提供)

写真

 東京都教育委員会は十四日、二〇二二年度入学の都立高校入試から、英語を話す能力を測る独自のスピーキングテストを導入することを明らかにした。現在の小学六年生から対象になる。文部科学省によると、一般入試で全生徒を対象にスピーキングテストを実施している都道府県はないとみられる。

 受験生はヘッドホンとマイクを使い、タブレット端末に解答を録音する。テストは中学三年時の十一月末〜十二月上旬の休日に、一人一回限りで実施。会場は大学など外部施設を利用する。約八万人がテストを受ける見通しだ。

 中学の学習指導要領では英語の「読む・書く・聞く・話す」の四技能を総合的に養うとしているが、現行の都立高校入試では英語の読解と記述、ヒアリングの三技能を問う試験しか行われていない。

 都教委は「外国の人とコミュニケーションが取れるよう、使える英語力を身に付けてもらう」(担当者)と新テストの狙いを説明する。試験問題の作成から会場の運営、採点まで、主に資格・検定試験の民間団体が担う。客観性は複数人で採点することなどで担保する。「塾で特別な準備をしなくても、授業をきちんと受ければ良い点数が取れる試験にしたい」という。

 過去には岩手県が〇四年度から三年間、対面形式で実施したが、負担が大きいとして取りやめた。 (石原真樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報