東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「東山手」からアセス着手 羽田アクセス線、5〜6月に

写真

 JR東日本の深沢祐二社長は十五日、羽田空港と東京都心を結ぶ新路線「羽田空港アクセス線」に関し、五〜六月に、東京駅方面とつなぐ「東山手ルート」の環境影響評価(アセスメント)に着手すると明らかにした。自社の貨物線を転用する港区の田町駅付近から品川区の東京貨物ターミナル付近までの約七・四キロと、同ターミナルから羽田空港につくる新駅までのトンネル約五・〇キロが対象。アセスに三年、建設に七年かかり、二〇二九年ごろの完成を見込んでいる。

 JR東は、子会社の東京モノレールを除き、羽田への路線を持っておらず、需要拡大が見込まれる路線構築は長年の経営課題となってきた。アクセス線が実現すれば、都心と羽田が乗り換えなしで直結し、利便性向上に大きく貢献すると期待されている。

 深沢社長は十五日「羽田空港はまだまだお客さんが増える。さまざまなアクセスをつくることは、社会的にも意義のあることだ」とアピールした。

 深沢社長は都内の日本記者クラブで、今後十年程度をにらんだ経営構想をテーマに会見した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報