東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新幹線券売機「自由席特急券」+「往復」購入でダウン システム改修要因か

一部機能が使用できなくなり、発売を停止した券売機=15日、JR名古屋駅で

写真

 十五日午前、JR新幹線の自動券売機にシステムトラブルが起き、東海道新幹線などJR各社の駅で使えなくなった。いずれも利用客が自由席特急券を往復で購入しようとした場合に限り、トラブルになった。システムを管理する鉄道情報システム(東京)が、この操作をできないように設定し、順次使用再開を進めた。運行に影響はなかった。

 各社によると、障害が起きたのは自動券売機で使われているJR旅客六社共通の「マルス」と呼ばれるシステム。乗車券を含まず、特急券のみを往復で購入するケースは少ないが、システムが共通していることや、不具合が起きた券売機は再起動するまで使えなくなったことから影響が広がった。三月のダイヤ改正に向けたシステム改修に伴い障害になったとみられる。

 トラブルになったのは、乗客が操作できるタイプの券売機のうち二種類。自由席特急券の購入手順を進め、帰りの特急券も買うことを選択すると、画面が固まった。

 東海道新幹線の駅のほか、JR東日本や西日本、九州でもトラブルが相次いだ。JR北海道では報告はないという。

 乗車券とあわせて購入した場合や、指定席や在来線では不具合は起きなかった。窓口で駅員が操作するタイプや、スマートフォンなどで予約して交通系ICカードで新幹線に乗車するサービスには影響がなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報