東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

浴槽に乳児放置 死亡 重過失致死容疑 両親を書類送検

 生後十一カ月の次女の首に浮輪を付けて浴槽に放置し死亡させたとして、埼玉県警は十五日、重過失致死の疑いで、同県伊奈町の会社員の父親(33)と、川越市のパートの母親(36)を書類送検した。

 捜査一課によると、父親は「ゲームに熱中していて目を離した」、母親は「浴室の見守りをしなかった」などといずれも容疑を認めている。次女は二〇一七年一月に死亡し、県警は両親に刑事責任が問えるか慎重に調べていた。

 送検容疑では、一七年一月二十八日午後六時半〜八時ごろ、当時住んでいた戸田市の自宅マンションで、次女の首に浮輪を付けて湯を張った浴槽につからせたまま目を離し、脱水状態に陥らせて低酸素性脳症で死亡させたとされる。

 一課によると、次女は浮輪が外れ、あおむけの状態で浮かんでいた。浮輪は空気を入れて膨らませ、子どもの首に付けるタイプ。この家では日常的に使って入浴させていたとみられる。父親は「汗をかかせてダイエットさせようとした」、母親は「夫の機嫌を損ねたくなく、注意しなかった」と供述している。次女の体にあざなどはなかった。

 家族は長女(5つ)との四人暮らしだったが、事件後に別居しているという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報