東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

水戸「梅まつり」開幕 偕楽園など 早咲き種は見頃

「水戸の梅まつり」が始まった偕楽園=16日午前、水戸市で

写真

 日本三名園の一つ、水戸市の偕楽園などで十六日、「水戸の梅まつり」が始まった。梅の名所として知られる園内には早咲きから遅咲きまで約百種、三千本の梅が植えられており、現在は早咲きが見頃。今年は順調に開花しており、三月上旬には満開を迎えそうだ。

 三月三十一日までの期間中、百六十六種の梅酒を試飲できる「全国梅酒まつり」などが開かれるほか、二月二十三日〜三月二十一日は日没から午後九時までライトアップする。偕楽園は金沢市の兼六園、岡山市の後楽園と並ぶ名園で、江戸時代に造られた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報