東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

脊髄損傷にiPS了承 厚労省部会 慶大、秋にも治療開始

質問に答える慶応大の岡野栄之教授=18日、東京都新宿区で

写真

 厚生労働省の専門部会は十八日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って脊髄損傷の患者を治療する慶応大の臨床研究計画の実施を了承した。iPS細胞を使った脊髄損傷治療は世界初で、他の病気も含めると臨床応用が認められた再生医療は国内で五種類目となる。慶応大は同日、会見を開き、今年の秋から冬にかけて患者の募集を始め、治療を行う方針を明らかにした。

 計画は、スポーツ中のけがや交通事故で運動の機能や感覚を失った負傷後二〜四週の患者に、iPS細胞から作った神経のもとになる細胞を注射で移植する。対象は十八歳以上の四人を想定している。

 移植する細胞は、京都大が備蓄するiPS細胞から作って凍結保存しておく。今回の計画の主な目的は安全性の確認で、移植する細胞の数は約二百万個にとどめる。十分な治療効果を期待できるよう、将来は一千万個まで増やす考えだ。

 国内では毎年約五千人が新たに脊髄損傷になり、十万人以上の患者がいるとみられる。脳からの信号が損傷部分より下の体に伝わらず、動かせなくなる。大半を占める負傷から半年以上経過した慢性期の患者は、高い治療効果を見込めないため、研究の対象としていない。ただ二〜三年以内には慢性期の患者でも安全性や有効性を確かめたいとしている。

 実施責任者を務める岡野栄之(ひでゆき)教授(再生医学)は「研究を始めて二十年、やっと臨床研究をスタートできる。一日も早く安全な治療法を患者さんに届けたい」と話した。

 iPS細胞を使う再生医療は、理化学研究所が二〇一四年に別の目の病気の患者に臨床研究として世界で初めて実施。このほかに京都大も昨年、パーキンソン病患者向けの治験を始めている。

 専門部会はiPS細胞から角膜を作り、目の病気の患者に移植する大阪大の計画も審議したが、結論は持ち越しになった。

<iPS細胞による再生医療> 血液や皮膚の細胞から作製した人工多能性幹細胞(iPS細胞)を神経や筋肉など必要な細胞に変化させて患者に移植し、臓器の機能回復を図る医療。現在は1種類の細胞で目や心臓、脊髄などを再生する研究が盛んだが、腎臓のように複数種の細胞を含む臓器を丸ごと作る計画もある。患者自身の細胞を使うと移植時の拒絶反応が小さいが、手間や費用がかかる。このため、安全性を確認した上で備蓄した他人の細胞と、拒絶反応を抑える薬を併用する方法が主流になっている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報