東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

馬毛島に遺跡、調査へ 人骨、土器片発見 米軍訓練の候補地

写真

 鹿児島県西之表市は十八日、米軍空母艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転候補地である同市の馬毛島(まげしま)の北西部で、古墳時代から中世にかけての遺跡が見つかり、今月中にも現地調査を始めると発表した。

 記者会見した八板俊輔市長は「(近接する)種子島との文化、歴史的なつながりなどが裏付けられれば、国の構想に影響は出てくると思う」と話した=写真。市長はこれまで、FCLP受け入れに慎重な姿勢を示している。

 市によると、人骨や多数の土器片が発見された。遺跡の範囲を確定した上で、掘削して調べるとしている。

 防衛省は先月、馬毛島での土地測量や、動植物の生息状況などの調査を始めた。結果を踏まえ、土地所有者と正式に売買契約を結ぶ方針。防衛省は「市の説明はなく、詳細は把握していない。市から何らかの要請があれば、土地所有者と協議して対応する」としている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報