東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ツタヤに課徴金1億円 消費者庁命令「動画見放題は虚偽」

全作品を見放題であるかのように宣伝していた「TSUTAYATV」のホームページ=消費者庁提供

写真

 DVDレンタルや書籍販売のTSUTAYA(ツタヤ、東京)が展開する動画配信サービス「TSUTAYA TV」で、全作品を見放題であるかのように宣伝したのは虚偽であり、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は二十二日、ツタヤに課徴金一億一千七百五十三万円の納付命令を出した。

 同庁表示対策課によると、ツタヤは二〇一六〜一八年、ホームページや動画投稿サイト「ユーチューブ」で、「動画見放題」「動画見放題&定額レンタル8」「TSUTAYA プレミアム」の三つのプランについて、全ての作品が見放題であるように宣伝した。しかし、実際に見放題なのは全作品のうち最大で27%。新作は月平均二作しか見ることができなかった。

 同庁は昨年五月、再発防止を求める措置命令を出した。課徴金の額は、ツタヤが違法表示を対外的に認めるまでの売り上げの3%と規定されている。この期間の「TSUTAYA TV」の売り上げは約三十九億円だった。

 ツタヤはホームページ上で「お客様に深くおわび申し上げる。再発防止に努める」とコメントを掲載した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報