東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「政治的」?消えたくまモン J3熊本、規則改正でNGに

J3ロアッソ熊本の昨季(左)と今季のユニホーム。昨季は背中にくまモンのイラストが入っている=ロアッソ熊本提供

写真

 サッカーJ3のロアッソ熊本のユニホームから今シーズン、熊本県のPRキャラクター「くまモン」が姿を消した。国際サッカー評議会(IFAB)が規則を改正し、ユニホームに国や自治体など「政治的」なイメージのものが使えなくなったためという。

 改正された競技規則は用具に政治的なスローガンやイメージを使用できないと定め、「都道府県や市町村、地域または国家政府あるいはその部局、事務所または部署」は「政治的」に含まれるとしている。規則は、Jリーグなど国際サッカー連盟(FIFA)加盟の各国リーグに適用される。

 ロアッソの運営会社によると、チームは二〇一四年から五年連続でユニホームにくまモンのイラストを使用。一九年も使う予定でJリーグの担当者と話し合ったが、「IFABの改正規則に抵触する可能性がある」として認められなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報