東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

東京・港区 バンクシー?のネズミの絵 美術館長が保護勧める

防潮扉に描かれた、バンクシーの作品に似たネズミの絵=東京都港区で(都提供)

写真

 東京都港区の防潮扉に路上芸術家バンクシーの作品に似たネズミの絵が見つかったことを巡り、東京国立近代美術館(千代田区)の神代(かみよ)浩館長が昨年十二月中旬、作品の所在や保護の必要性について都に情報提供していたことが二十二日、分かった。神代館長が同日、共同通信の取材に対し、明らかにした。

 扉を管理する都は今年一月、取り外して調査。「都民」から情報が寄せられたためとしていた。美術関係者が作品の価値を示唆したことで、対応を急いだ可能性がある。

 神代館長によると、昨年十二月初旬、東京港湾エリアにバンクシー作品の可能性もある作品が存在し、劣化や破損の恐れがあるとの情報が寄せられた。相談者は、この辺りに作品を残したというバンクシーのメッセージを伝え聞いたという。館長は相談者が誰なのかは明らかにしていない。

 相談者は、保全した上で作品を見られるようにするか、難しい場合は映像に残せないか−などと要望。館長は自ら現地で作品を確認、美術館内部で取り扱いを検討し「ストリートアートの性質上そのままの状態で見られるのが一番いい」との考え方でまとまった。

 扉は都の施設の一部であり、同館としても関与すべきではないという理由から、館長個人として都に連絡した。神代館長は「都がこれからどうするかが大事。その対応を一都民として見守りたい」と語った。

 扉の絵は傘を差し、かばんを手にしたネズミ一匹が描かれていた。都港湾局の職員が十年以上前から気付いていたという。バンクシー作品の写真集掲載の、二〇〇三年に東京で描いたとする絵と酷似している。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報