東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

説法も合掌もデキルンデス アンドロイド観音お出まし 京都・高台寺

幻想的な映像や音に合わせて語りかけるアンドロイド観音「マインダー」=23日、京都市の高台寺で

写真

 豊臣秀吉の正室、北政所(きたのまんどころ)ねねが建立した高台寺(京都市東山区)が、説法を行うアンドロイド観音「マインダー」を二十三日、報道陣に披露した。多くの人に仏教への興味を持ってもらおうと、ロボット研究で知られる大阪大の石黒浩教授の研究室などと製作した。

 高台寺の後藤典生(てんしょう)執事長が、石黒教授と対談したことがきっかけ。マインダーは寺のホールに設置され、プロジェクションマッピングを使った幻想的な映像や音に合わせて合掌したり、語りかけたりした。

 見た目にもこだわり、表情やしぐさなどを人間らしくした一方、胴体はあえて機械部分をむき出しにした。後藤執事長は「参観者が観音様の姿を想像できる余地を残した」と説明している。

 今後は、目に内蔵されたカメラが人の顔や動きを認識し、相手に合わせて動けるよう機能を進化させるという。

 三月八日から五月六日まで一般公開される。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報