東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「象徴像模索の道 果てしなく遠く」 天皇陛下、次代に期待

在位30年記念式典を終え、出席者らの拍手に応えられる天皇、皇后両陛下。左端は安倍首相=24日午後、東京都千代田区の国立劇場で(代表撮影)

写真

 天皇陛下の在位三十年を祝う政府主催の記念式典が二十四日、天皇、皇后両陛下を迎えて国立劇場(東京都千代田区)で開かれた。四月三十日に退位する天皇陛下は、お言葉で「憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く」と振り返り、今後の皇室に「次の時代、さらに次の時代と象徴のあるべき姿を求め、先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています」と期待された。 (小松田健一)

 陛下は「天皇としてのこれまでの務めを、人々の助けを得て行うことができたことは幸せなことでした」と国民に謝意を示すとともに、平成に入って相次いだ災害で各国から寄せられた支援にも感謝した。

 式典には三権の長や民間各界の代表、駐日外国大使らが出席し、安倍晋三首相が「国民に常に寄り添ってこられた両陛下のお姿を、私たちは決して忘れることはない」と式辞を述べた。

 また、陛下が皇太子時代の一九七五年、沖縄県のハンセン病療養所を訪れた思い出を詠んだ琉歌(沖縄の歌)に皇后さまが曲をつけた「歌声の響(ひびき)」を、同県出身の歌手三浦大知さんが伸びやかな声で独唱した。

 この日は式典に先立ち、皇居・宮殿で祝賀行事があり、皇太子ご夫妻ら皇族が両陛下にあいさつした。

 皇居・宮内庁庁舎前では国民から祝意を受ける記帳が行われ、全国の同庁関連施設で受け付けた分を合わせて約一万五千人が記帳した。千葉市美浜区の松永和子さん(67)は「国民のために祈り続けてくださった両陛下に感謝の気持ちを込めた。新しい時代はみんな笑って暮らせる平和な世の中になってほしい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報