東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

死亡女性、右肺激しく損傷 岐阜・介護施設 元職員、強く圧迫か

 岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で二〇一七年夏、入所者五人が相次いで死傷した事件で、傷害致死容疑で再逮捕された元職員小鳥(おどり)剛容疑者(33)から暴行を受けて死亡したとされる中江幸子さん=当時(87)=は、右側の肺の損傷が激しかったことが二十五日、捜査関係者への取材で分かった。

 弁護士によると、小鳥容疑者は「(暴行は)やっていない」と容疑を否認。二十四日に起訴された横山秀子さん=同(91)=に対する傷害罪についても、逮捕から一貫して否認しているという。

 中江さんは胸骨と左右の複数のあばら骨を折るなどしており、高山署捜査本部は、小鳥容疑者が何らかの方法で右側を中心に胸部を強く圧迫したとみて調べている。小鳥容疑者は一七年八月十二日午後三時十五分ごろ、中江さんに暴行を加え、翌十三日に死亡させたとして再逮捕された。

 司法解剖の結果、死因は折れたあばら骨が右側の肺にささるなどした外傷性右血気胸だった。骨折のほか、右側の肺には擦り傷や裂け目のような傷が複数あり、出血もひどかった。施設側は当時、十二日午前九時半に入浴した際の介助時に起きた事故との見解を示し、遺族にも「強く抱えすぎてあばら骨が傷ついた可能性がある」と説明していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報