東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

女児暴行 夫に同調の疑い 母親も再逮捕

 千葉県野田市の小学四年栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件で、父親の勇一郎容疑者(41)の暴行を止めずに同調したとして、県警は二十五日、母親なぎさ容疑者(32)を傷害容疑で再逮捕した。県警によると「自分の意思で食事を与えないことがあった」と供述しているという。

 再逮捕容疑は、昨年十二月三十日から今年一月三日ごろの間、勇一郎容疑者が自宅で心愛さんの体にのしかかるなどして胸骨骨折などのけがを負わせた際、制止せず、治療を受けさせなかったなどとされる。

 勇一郎容疑者は同時期の傷害容疑で、今月十四日に再逮捕された。県警によると、昨年末から年始にかけて三人はほぼ自宅におり、なぎさ容疑者は二〜三回続けて食事を抜いたり、少量しか与えなかったりしたという。なぎさ容疑者は心愛さんが衰弱し、胸などを痛がる様子にも気付いていたとみられるが、これまでの調べに「夫の暴行の発覚を恐れ、娘を外出させなかった」という趣旨の供述をしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報