東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

田畑毅議員が辞職願 元交際女性告訴

田畑毅衆院議員

写真

 交際していた女性から準強制性交容疑で刑事告訴され、自民党を離党した田畑毅衆院議員(46)=比例東海、当選三回=が二十七日、辞職願を衆院に提出した。有権者の理解が得られず、議員活動の継続は困難と判断したとみられる。自民党は二十一日に離党届を受理したが、野党だけでなく自民党内からも非難の声が上がっていた。

 辞職は本会議で認められ、自民党岸田派の吉川赳元衆院議員(36)=当選一回=が繰り上げ当選する見通し。

 吉川氏は、無所属のまま二階派入りした細野豪志元環境相と衆院静岡5区で議席を争ってきた経緯がある。岸田、二階両派のあつれきが今後強まるのは避けられない情勢だ。田畑氏は二階派所属だった。

 捜査関係者によると、女性は昨年十二月の田畑氏との飲酒を伴う会食後、自宅で就寝中に乱暴されたとする告訴状を今月、愛知県警に提出。田畑氏の携帯電話に女性の裸の画像が保存されていたとして、軽犯罪法違反容疑でも被害届を出した。

 二十八日発売の週刊誌でも女子高校生への淫行疑惑が報じられるもようだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報