東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

退位向けた儀式始まる 天皇陛下「期日奉告の儀」

退位とその期日を皇室の祖先などに報告する儀式に臨まれる天皇陛下=12日午前、皇居・賢所で(宮内庁提供)

写真

 天皇陛下の退位に向けた一連の儀式で最初となる「退位及びその期日奉告の儀」が十二日、皇居・宮中三殿で行われ、陛下が皇室の祖先などへ四月三十日に退位することを報告された。

 陛下は「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」と呼ばれる天皇だけが着用を許される装束に身を包み、厳かな表情で皇祖神とされる天照大神(あまてらすおおみかみ)をまつる賢所(かしこどころ)に拝礼。退位することと、その日が四月三十日であることを大和言葉で伝える「御告文(おつげぶみ)」を読み上げた。歴代天皇と皇族をまつる皇霊殿、国中の神々をまつる神殿でも同様の儀式を行った。

 皇太子さま、秋篠宮ご夫妻ら皇族と、宮内庁幹部らが参列。皇后さまは肩や首が痛む神経性の持病があり、皇居・御所で遙拝(ようはい)した。

 この日は皇居・御所で伊勢神宮(三重県伊勢市)、初代天皇とされる神武天皇の陵(奈良県橿原(かしはら)市)、昭和、大正、明治、孝明の各天皇陵に陛下が使者を派遣する「勅使発遣(ちょくしはっけん)の儀」もあった。

 退位関連儀式は十一あり、憲法に基づく国事行為として四月三十日に皇居・宮殿「松の間」で行う「退位礼正殿の儀」以外は皇室行事となる。宮内庁は「粛々と静かに執り行う」とし、三権の長を招かないなど簡素化を図る。

 天皇、皇后両陛下は今後、二十六日に神武天皇陵、四月十八日に伊勢神宮、同月二十三日に昭和天皇陵(東京都八王子市)を参拝し、退位を直接報告する。

 両陛下の旅費などは、天皇家の私的活動に充てる「内廷費」から支出。大正、明治、孝明の各天皇陵は退位後に参拝する。

 退位礼正殿の儀には皇族や三権の長、閣僚らが出席する予定で、安倍晋三首相があいさつし、陛下が天皇として最後のお言葉を述べる。

 側近によると、陛下は退位に関する儀式に加えて通常の公務もあり、例年以上に多忙となる見込み。ただ、陛下は「退位まで務めを全うする」との意向を示し、宮内庁も公務削減は考えていないという。側近は「ご健康に留意し、万全を期してお支えしたい」としている。 (小松田健一)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報