東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

五輪期間の終電は2時すぎ JR・地下鉄など約60路線で合意

写真

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会と東京都は十五日、五輪期間中の鉄道の終電時刻を最大で午前二時すぎまで繰り下げることで、JRや私鉄、地下鉄の計十九事業者と合意したと発表した。

 東京五輪では、バレーボール競技の有明アリーナ(江東区)や、サッカー競技の埼玉スタジアム(さいたま市)など八会場で、競技の終了時間が午後十一時以降となるため、観客の帰宅ルートの確保が課題になっていた。

 合意内容では、JR山手線と東京メトロ、都営地下鉄は七月二十四日〜八月九日の五輪期間中、全線で終電時刻を平日ダイヤより九十分程度延長。その他のJR線や私鉄、横浜市営地下鉄は三十分〜九十分程度繰り下げる。詳細なダイヤは来年春ごろ発表する。

 組織委によると、終電の繰り下げは約六十路線になる。これにより大半の観客は競技会場から都心を経由するなどして、自宅や滞在先のホテルに到着できるという。終電繰り下げのコストは各事業者が負担する。

 パラリンピックは競技終了時間が比較的早いことから、終電の繰り下げは行わない。

 組織委と都は今後、大会期間中の昼間の運行本数や、始発の繰り上げについても、鉄道会社と協議する。

 また、都は、新設する競技会場のうち、夢の島公園アーチェリー場(江東区)が二月末に完成したと発表した。海の森水上競技場(臨海部)とカヌー・スラロームセンター(江戸川区)は五月末に完成する予定。四〜七月にそれぞれ披露式典を開く。 (岡本太)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報