東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

厚木南−伊勢原 新東名高速開通 渋滞緩和に期待

写真

 神奈川県の新東名高速道路厚木南インターチェンジ(IC、厚木市)と伊勢原ジャンクション(JCT、伊勢原市)間四・三キロが十七日、開通した。伊勢原JCTから東名高速道路と新東名の二つのルートで圏央道にアクセスできるようになり、各所の渋滞緩和などが期待される。

 新東名の県内区間は、東端の圏央道海老名南JCT(海老名市)から伊勢原JCTまで五・八キロがつながった。中日本高速道路によると、二〇一九年度に伊勢原JCTと伊勢原大山IC(伊勢原市)間二・四キロを整備予定で、二〇年度の全線開通を目指している。

 この日、伊勢原JCT近くで開通式が開かれ、黒岩祐治知事は「今回の開通が二〇二〇年東京五輪に間に合ってうれしい。湘南に向かう道路の渋滞緩和に寄与してくれると思う」とあいさつ。伊勢原市の高山松太郎市長は「市にとって念願の道路。伊勢原大山ICの一日でも早い開通をお願いしたい」と述べた。

 続いて白バイ、パトカー、消防車両などが連なり、開通区間の「通り初め」を行った。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報