東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ダウン症理解を笑顔で渋谷行進 多様性社会実現求め

東京・渋谷をパレードする「バディウォーク東京2019」の参加者たち=31日午後

写真

 「ダウン症のある人たちと歩こう」がテーマの「バディウォーク東京2019」が三十一日、東京・渋谷で開かれ、約九百人がパレードした。二〇二〇年東京五輪・パラリンピックを前に、ダイバーシティ(多様性)社会の実現に向け、アピールした。

 ダウン症のある池本里愛(りな)さん(7つ)=神奈川県横須賀市=は、チアリーダーのピンクのポンポンを振り、沿道の人とハイタッチしてはしゃいだ。父親久利さん(45)は「楽しいです」と笑った。

 「本人も家族も笑顔でいる姿を知ってほしい」。千葉県旭市、宮沢直子さん(48)は、ダウン症のある長女瑠那(るな)さん(6つ)と参加。パレードが渋谷駅前のスクランブル交差点に差し掛かると「気持ちいいね。東京の真ん中だ」と声を上げた。

 主催団体のNPO法人「アクセプションズ」(東京)によると、米国ダウン症協会が始めたバディウォークは、東京では七回目で、全国に波及中。広報担当の高橋真(ちか)さんは「障害の有無にかかわらず、みんなが楽しい社会を目指している」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報