東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

詰将棋選手権 藤井七段V5 「新しい時代も頑張りたい」

写真

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は三十一日、名古屋市などで行われた「第十六回詰将棋解答選手権チャンピオン戦」で優勝、五連覇を果たし、自身の記録を更新した=写真。表彰式後に「今回も良い作品に向き合うことができた」と喜びと充実感をにじませた。

 詰め将棋は王手を続け、玉が逃げきれない状況が詰みになる。チャンピオン戦は三十九手以内で詰ませる一問十点の問題が十題出される。二位の斎藤慎太郎王座(25)が九十六点で、藤井七段は全問正解だったが、一部解答を書き間違えたため減点され九八・五点だった。

 報道陣に平成最後の大会を終えた感想を聞かれ、藤井七段は「元号が変わるのは感慨深い。これからの時代も頑張りたい」と話した。

 選手権は東京、名古屋、大阪の三会場に分かれ、プロ棋士やアマチュアら計九十八人が参加。藤井七段は名古屋の会場で斎藤王座ら九人と机を並べ、競技が始まると、問題用紙を食い入るように見詰め、いち早く解答を書き込んでいた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報