東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

留守狙い 前夜侵入か 杉並刺殺 逮捕の同僚、容疑否認

送検のため警視庁荻窪署を出る松岡佑輔容疑者=31日、東京都杉並区で

写真

 東京都杉並区のアパートで住人の保育士照井津久美(つぐみ)さん(32)が殺害された事件で、警視庁捜査一課は三十一日、殺人の疑いで、同じ乳児院に勤務する保育士松岡佑輔容疑者(31)=同区井草一=を逮捕したと発表した。一課によると、松岡容疑者は事件前日と当日、仕事が休みで、照井さんは前日から泊まり勤務だった。一課は、留守の時間を狙い、人目に付きにくい事件前夜に侵入した可能性があるとみて調べている。 (西川正志、奥村圭吾、福岡範行)

 逮捕容疑では、三月二十六日正午ごろ、同区下井草三の二階建てアパート二階の照井さん宅で、背中を包丁で刺して殺害したとされる。逮捕は三十日。三十一日、送検した。

 一課によると、「刺していません」と容疑を否認している。松岡容疑者は六年前から、照井さんと同じ乳児院に勤務。事件翌日、夕方から泊まり勤務に入ったが、様子がおかしいと、乳児院側から一課に情報提供があった。二人に交際関係はなく、警察への相談や目立ったトラブルはこれまでに確認されていない。

写真

 照井さんは十年前から乳児院に勤務。二十六日は泊まり勤務を終え、カレー店に立ち寄った後、居室内でコートを着たまま、背中の左側を包丁で深く刺された状態で倒れていた。

 ベランダの窓ガラスはクレセント錠付近が熱せられ、工具で割られた形跡があった。アパートの屋根やベランダなどの手すりには足跡があり、屋根を伝ってベランダから侵入したとみられている。昼間だと目立つはずだが、こうした姿の目撃情報はなかった。

 一課は三十日、松岡容疑者から任意で事情聴取し、自宅アパートを捜索。室内から、黒っぽい膝丈のコートを押収した。事件直後、似たコートを着た不審な男が照井さんのアパートから立ち去る姿を、大家の男性が目撃していた。

 一課は、付近のカメラ映像などから犯人の足取りを捜査。照井さんの遺体に残された遺留物と松岡容疑者のDNA型が一致した。松岡容疑者の首や手首には複数の擦り傷があり、犯行時、照井さんともみ合うなどした際に負傷した可能性がある。松岡容疑者の自宅は照井さん宅から北に約九百メートルの距離だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報