東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

世界一ロングヘア カット初体験  鹿児島の18歳

生まれて初めて髪を切った「世界一髪の長い10代」だった川原華唯都さん=2日、鹿児島県出水市で

写真

 ギネスワールドレコーズ社に昨年「世界一髪の長い十代」と認定された鹿児島県出水市の川原華唯都(けいと)さん(18)が二日、生まれて初めて髪を切った。四月から通う熊本県内の大学入学や改元を控え「きりがいいかな」と決意し、毛先のカールしたスタイルに。切り取った一メートル超の髪の毛は、医療用かつら(ウィッグ)を扱うNPO法人に寄付する。

 川原さんは、生後間もなくできた頭皮の治療痕を隠すため髪を伸ばした。「切るのがもったいなく思えて」と伸ばし続け、高校には三つ編みで通学。いろいろなヘアスタイルに憧れ短くすることを考えた時期もあったが、受験勉強に追われ、タイミングを逃したという。昨年三月、親族の勧めでギネス記録に挑戦し、ギネス社が「ティーンエージャー」と定める十三〜十七歳で世界一(当時)の一五五・五センチだった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報