東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

都庁にグランドピアノ 自由に弾いて♪ 草間弥生さんが装飾

写真

 東京都は三日、誰もが自由に弾くことができるグランドピアノを第一本庁舎四十五階の南展望室に設置し、お披露目会を開いた。ピアニストの梅田智也さんが、応募した聴衆を前に「英雄ポロネーズ」など三曲を演奏した=写真。ピアノは、世界的な美術家草間弥生さんが装飾を施した。

 会の冒頭、黄色に黒の水玉模様の、草間さんらしいデザインのピアノがお披露目されると、「かわいい」と歓声が上がった。小池百合子知事はあいさつで「都庁からメロディーを日本中、世界中に送って」と呼び掛けた。

 都庁を訪れた人同士で交流してもらうのが狙い。訪日客の増加などで来庁者は増えており、都の担当者は「国内外の人に音楽を通じた思い出づくりをしてほしい」と話している。

 都は昨年六月、都内在住の個人を対象にグランドピアノの寄贈を募集。応じた八人を個別に訪問して最も状態の良いヤマハ製「G3A」を選び、調律した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報