東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ゴーン前会長、4回目逮捕 オマーン送金流用か 東京地検、特別背任疑い

住居から任意同行されるゴーン容疑者を乗せたとみられる特捜部の車両=4日午前6時47分、東京都内で(小野沢健太撮影)

写真

 中東オマーンの友人側に支出した日産自動車の資金を流用し、会社に約五億六千万円の損害を与えたとして、東京地検特捜部は四日、日産の前会長カルロス・ゴーン被告(65)を会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕した。ゴーン容疑者の逮捕は四回目。特捜部が手掛ける事件で、保釈中の被告が再逮捕されるのは異例で、ゴーン容疑者は再び東京拘置所で身柄拘束されることになる。特捜部は認否を明らかにしていないが、否認しているとみられる。

 再逮捕容疑では、二〇一五年十二月〜一八年七月、日産の子会社「中東日産」(アラブ首長国連邦)から友人がオーナーを務めるオマーンの販売代理店に、複数回に分けて計千五百万ドル(約十七億円)を支出させた後、うち計五百万ドル(約五億六千万円)を自身が実質的に保有する預金口座に送金させ、日産に損害を与えたとされる。

 関係者によると、ゴーン容疑者は一二年以降、販売代理店に総額三千二百万ドル(約三十五億円)を送金。提供した資金の一部は友人の個人口座を通じ、ゴーン容疑者の保有口座だけでなく、妻や息子の会社にも還流されたとされる。

 ゴーン容疑者側は、受け取った資金を使い、約十六億円の高級クルーザーを購入した疑いも持たれている。

 ゴーン容疑者は当時、日産の最高経営責任者(CEO)で、資金はCEOの裁量で使途が決められる予備資金「CEOリザーブ」から「販売促進費」の名目で支出されていた。

 中東日産の関係者らは特捜部の調べに、「正当な支払いとは言えない」などと説明しているという。

 ゴーン容疑者は昨年十一月以降、有価証券報告書に自身の役員報酬の一部を記載しなかったとする金融商品取引法違反容疑で二回逮捕され、日産に私的な投資で生じた損失を付け替えたなどとする特別背任容疑でも再逮捕。東京拘置所で百八日間にわたり身柄を拘束され、三月六日に保釈されていた。

 ゴーン容疑者は三日、自身のツイッターに「真実をお話しする準備をしています」と書き込み、十一日に記者会見を開く考えを示していた。

<特別背任罪> 取締役など特定の地位にある者が、自分や第三者の利益のために任務に背く行為をして会社に損害を与えた場合、10年以下の懲役か1000万円以下の罰金が科される。会社法で規定されており、地位の重さを問わない刑法の背任罪より法定刑が重い。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報