東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

クレーター造成へ一歩 はやぶさ2、衝突装置分離

はやぶさ2が人工クレーターを作るため降下中の高度約700メートルで撮影したりゅうぐう=JAXA提供

写真

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は五日、小惑星りゅうぐうに人工クレーターを作るための衝突装置と確認用カメラを探査機「はやぶさ2」から切り離した。計画通りなら午前中に装置から金属弾が発射され、りゅうぐうに衝突しているはずで、カメラの画像の分析などから確認を進めている。衝突でクレーターができれば五月以降に着陸して地下の岩石を採取する予定だ。

 はやぶさ2は四日、りゅうぐうの高度二十キロから降下を始めた。五日午前十一時ごろ赤道付近の上空約五百メートルで衝突装置を分離した。装置は分離の四十分後に自動的に爆発し、重さ二キロの銅製の金属弾を秒速二キロで撃ち出すよう設定されている。

 はやぶさ2は、爆発で飛び散る破片などを避けるため、衝突を確認するための小型カメラを残して全速力でりゅうぐうの陰に退避した。爆発の予定時刻を過ぎても信号が届いており、破片などの影響はなかったとみられる。

 JAXAでは、カメラからの写真を受信し、金属弾が衝突したかどうかを確認する。うまく衝突すると最大で直径十メートル、深さ二メートル程度のクレーターができるという。

 小惑星周辺に拡散する岩石片などを避けるため、はやぶさ2はいったん、りゅうぐうから最大百キロ程度まで離れる。二〜三週間後に上空一・五キロまで戻り、人工クレーターがつくられたかどうかを確認。できていれば五月下旬以降にクレーターに着陸して、世界で初めて小惑星の地下の岩石を採取する。

 地下の岩石には、太陽系の誕生直後の痕跡が残されている可能性があると期待される。吉川真・JAXA准教授は「やぶさめで目隠しして矢を射て当てるような難しさ。新たな探査の領域を切り開いていきたい」と話す。 (増井のぞみ)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報