東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

前会長ゴーン妻が出国、パリへ 仏紙報道「身の危険を感じた」

 【ディナール(フランス西部)=共同】日産自動車前会長カルロス・ゴーン容疑者の妻キャロルさんは、日本を出国してパリに六日到着した。出国理由について「身の危険を感じた」と語った。七日付のフランス紙ジュルナル・デュ・ディマンシュがインタビューを報じた。

 四日にゴーン容疑者が再逮捕された際、キャロルさんは東京地検の係官にレバノンのパスポートを押収された。だが米国のパスポートが残っていたため、五日夜に日本を出国し、六日朝にパリに到着した。飛行機に搭乗するまで駐日フランス大使が付き添ったという。

 係官はキャロルさんのパソコン、タブレット、携帯電話も押収。自身も任意同行を求められたが「弁護士の助言で拒否した」と話した。

 キャロルさんによると、再逮捕されると分かったゴーン容疑者は、事前にフランスのテレビのインタビューに応じたほか、自身の主張を英語で録画。「誰のせいで事態が起きているか名指しすることを望んだ」といい、弁護士が近く公開するとされる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報