東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

若者の「25%」未経験 性交渉、18〜39歳男女 「草食男子」増加!?

写真

 18〜39歳の日本人の25%に異性間の性交渉経験がないとする研究結果を、東京大とスウェーデン・カロリンスカ研究所のチームが8日付の英医学誌BMCパブリックヘルスに発表した。2015年時点の推計で、23年前の20%から増えていた。30代に限っても、ほぼ10人に1人が未経験だった。1万人以上の調査データを分析した。

 「草食男子」「セックス離れ」と言われるように、性交渉を追求しない人が増えたともとれる。だが調査では、特に雇用や経済状態が不安定な男性で割合が高い一方、未経験の男女の八割に結婚願望があった。チームは「性交渉がないのは本意ではない可能性がある」とみている。

 国立社会保障・人口問題研究所が行う出生動向基本調査のデータを使った。一九九二年と二〇一五年を比べると、未経験の割合は男性が20%から25・8%、女性が21・7%から24・6%に増加。割合は上の年代ほど少ないが、一五年は三十五〜三十九歳男性の9・5%、女性の8・9%が未経験で、九二年からほぼ倍増した。

 二〇一〇年調査の分析では、二十五〜三十九歳男性で、パート・有期雇用、無職や収入の低さが、未経験と関連することが判明。年収三百万円を切ると割合は跳ね上がった。

 チームは「こうした傾向が日本の出生率の低さにどう影響しているか、さらに研究が必要だ」とした。同性間の性交渉はデータがなく分析できなかったという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報