東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

寂聴さん講演 映画館で生中継 14日、全国33カ所

3月、京都市の三十三間堂で集まった人々を前に話す瀬戸内寂聴さん

写真

 作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(96)が人生について語る講演会を、会場の京都市中京区のホテルから全国各地の映画館に生中継するイベントが十四日に開かれる。高齢で遠方へ赴くのが難しくなった寂聴さんの言葉を多くの人々に届けようとする試み。寂聴さんは自宅を兼ねた寺院「寂庵」(同市右京区)で、抽選で選ばれた人を対象にした「法話の会」を毎月開いているが、倍率は約十倍で百五十人ほどしか参加できない。ファンには貴重な機会となりそうだ。

 寂聴さんは「寂庵まで来られない人も映画館なら行けるかもしれない。どんなふうになるか楽しみ」と当日を心待ちにしている。

 講演会の担当者によると、会場の映画館は、北海道から沖縄県まで計三十三カ所。音楽や演劇を中継するライブビューイングのシステムを使って配信する。いずれの映画館も料金は一人四千円。

 寂聴さんは、自身が名誉住職を務める天台寺(岩手県二戸市)でも法話を続けてきたが、体への負担を考慮して昨年は見合わせた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報