東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ケーシー高峰さん死去 85歳 「医事漫談」、名脇役

写真

 「医事漫談」で人気を集め、映画やテレビドラマの脇役としても活躍したタレントのケーシー高峰(たかみね)(本名門脇貞夫(かどわきさだお))さんが八日、肺気腫のため福島県いわき市の病院で死去した。八十五歳。山形県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は妻詠子(えいこ)さん。

 日本大芸術学部を卒業後、司会業を経て漫談家に。バラエティー番組に出演し「セニョール」などのスペイン語を交えながら、白衣を着てお色気混じりで医学の知識を紹介する医事漫談で親しまれた。

 その後、俳優としても活躍。一九七〇年「喜劇 冠婚葬祭入門」で映画に初出演し、「遠雷」「楢山節考」「塀の中の懲りない面々」などで個性を発揮した。ドラマにも数多く出演し、「夢千代日記」「新 事件」「木更津キャッツアイ」などで脇役として存在感を示した。

 日本大芸術学部へは、医学部からの転部。医者にならなかったため、別の形で親に恩返ししようと舞台で白衣を着たことが医事漫談を始めるきっかけとなったという。芸名は、米人気医療ドラマ「ベン・ケーシー」をヒントにした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報