東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

離婚したパパ、ママへ「ぐらぐら、へとへと…」 子どもの思いつづった絵本 教授が翻訳

絵本の一場面(ホームページから)

写真

 「2人が別れてからずっと、ぼくはぐらぐらで、へとへとなんです」−。離婚家庭の子どもの思いを率直につづったシンガポール政府発行の絵本が日本語に翻訳され、ウェブサイト上で公開された。翻訳した明治学院大の野沢慎司教授(家族社会学)は「離婚後の家族の在り方、子どもの権利を考えるきっかけにしてほしい」と期待する。 (奥野斐)

 絵本のタイトルは「お父さんお母さんへ ぼくをいやな気もちにさせないでください 離婚した両親への手紙」。著者はシンガポールの家族法や少年法の専門家の女性だ。

 物語は「お父さんお母さんへ 2人が別れたこと、わかっています」という小学生の男の子の告白で始まる。離婚した両親の家を行き来し、双方から相手の悪口を聞かされたり、味方に引き込まれたりして「ぼくは、カウンセラーじゃないし、味方でもないし、賞品でもないです」と訴える。

 絵本は、シンガポールの社会家庭発展省が2017年に英語で制作し、家庭裁判所や離婚家庭への支援窓口などで配布している。

 同年、台湾で開かれた国際会議で絵本を知った野沢教授が「日本でも紹介したい」とシンガポール政府に翻訳の許可を求めたところ、快諾された。「ここまでシンプルに子どもの気持ちを表現した絵本はない。子どもに関わる多くの人に気軽に手に取ってもらえると思った」と振り返る。

 シンガポールは欧米の多くの国と同じく、離婚後も両親が共同で子の監護に当たるのが標準になっているが、日本は先進国では例外的に、父母一方のみを子どもの親権者とする「単独親権制」のままだ。

 厚生労働省の人口動態統計によると、17年に離婚したのは約21万2000組で、うち未成年の子どもがいる夫婦は12万3000組余。一方、厚労省の全国ひとり親世帯等調査(16年度)では、離婚後に別居した親と子どもとの「面会交流」は、母子家庭が約30%、父子家庭でも約46%にとどまっている。

 野沢教授によると、単独親権制では子どもの親権を巡る争いが激化しやすい。シンガポールとは制度が違うものの、親の責任が問われる状況に変わりはない。

 野沢教授は「絵本は、離婚に悩む子どもが読めば、孤独感や疎外感が慰められるはずだ。実親の存在やつながりは重要だ。日本の離婚・再婚制度を大人の都合ではなく、子どもの気持ちを大切にして見直す契機にしたい」と話している。

 ◆絵本はPDF形式(A5判、41ページ)で、「日本離婚・再婚家族と子ども研究学会」サイト内の「学会発行物のご案内」(http://www.jarcds.org/document.html)に掲載されている。

翻訳した絵本を手に、「多くの人に読んでほしい」と話す野沢慎司教授=東京都内で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報