東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「ななつ星」情報流出 最大8000人分 カード悪用被害も

 JR九州は十二日、豪華寝台列車「ななつ星in九州」の関連商品を販売する通販サイトが外部から不正アクセスを受け、クレジットカードのセキュリティーコードなど最大約八千人分の顧客の個人情報が流出したと発表した。うち、カード情報が含まれるのは最大約二千八百人分で、カード番号や有効期限も流出した可能性がある。

 カード悪用の被害が一部出ており、顧客からカード関連会社に「身に覚えのない支払いがあった」との問い合わせがあり、発覚した。件数や金額は現時点で不明という。JR九州は既に警察に届け出ている。

 JR九州によると、流出した可能性があるのは、サイトが開設された二〇一三年十月五日から、閉鎖した一九年三月十一日までの間に利用した顧客の情報。会員登録した顧客の氏名や住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、職業といった情報も含まれるとしている。情報が漏れた対象には、ななつ星に乗った顧客の一部も入っている。

 ななつ星の乗車予約サイトについては、個人情報の流出は確認されていないと説明している。ただ、同サイトの安全性も確認するため、一九年十月〜二〇年二月出発分のサイトでの申し込みの受け付けを中止している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報