東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

相模原殺傷 被告の裁判員裁判 初公判、来年1月で調整

 相模原市緑区の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で二〇一六年七月、入所者十九人が殺害され、職員を含む二十六人が重軽傷を負った事件で、横浜地検は十三日、殺人罪などに問われた元施設職員植松聖被告(29)の裁判員裁判を、来年一月に始める方向で調整していることを負傷者の家族らに説明した。

 地検は同日、入所者の仮移転先である横浜市港南区の「津久井やまゆり園芹が谷園舎」で、裁判の開始時期や被害者参加制度について、非公開で説明した。

 重傷を負った尾野一矢さん(46)の父剛志(たかし)さん(75)は説明後「死刑しか望んでいない。裁判まで長くかかるが、受け入れるしかない」と話した。

 植松被告は殺傷した事実を認めており、弁護側は刑事責任能力について争うとみられる。裁判を巡っては、家族の一部が被害者の氏名公表を望んでおらず、横浜地裁は法廷で氏名を読み上げずに匿名で審理を進める決定をしている。

 植松被告は起訴前の約五カ月間の鑑定留置で、自分を特別な存在と思い込む「自己愛性パーソナリティー障害」と診断された。地検は善悪の判断はでき、責任能力を問えると判断し、一七年二月に起訴した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報