東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新5000円札肖像画 津田梅子の写真、反転か 財務省「加工問題ない」

新紙幣の5000円札に使われる津田梅子の肖像

写真

 財務省が九日に発表した新紙幣の五千円札に使われる津田梅子の肖像に関し、津田塾大が提供し、新紙幣と酷似している三十六歳ごろの写真と顔の向きが逆になっていると指摘されていることが十六日、分かった。津田塾大の広報担当者は「写真が反転されて肖像画に使われたと考えている」としている。財務省は「写真をそのまま写すものではなく、反転などの加工は問題ない」としてそのまま発行作業を進める考えを明らかにした。

 菅義偉官房長官は十六日午前の記者会見で「選定された人物についてさまざまな写真を収集して、原画を作成する」と説明。財務省によると、紙幣の肖像画は内側を向いていることがほとんどであるため、向きを変えて再構成したとみられるとしている。ただ実物の写真と異なる肖像画を紙幣に記載することに違和感を抱く人も出そうだ。

 津田塾大によると、約十年前に国立印刷局の技術者の練習用にという名目で津田梅子の十八歳ごろと二十四歳ごろ、三十六歳ごろ、五十歳ごろの写真四点を提供した。新紙幣と酷似している三十六歳ごろの写真は新紙幣と逆側を向いていたという。

津田塾大が国立印刷局に提供した津田梅子の36歳ごろの肖像写真=1901年ごろ撮影(津田塾大提供)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報