東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

<統一地方選>121町村長、375町村議選が告示

 統一地方選の百二十一町村長選、三百七十五町村議選が十六日に告示され、立候補の届け出が始まった。統一選では最後の告示。身近な生活環境の整備や子育て支援などの課題を巡り、各地で論戦が行われる。九日に告示された衆院大阪12区、沖縄3区の補欠選挙、十四日に告示された八十六市長選や二百九十四市議選、東京都特別区の十一区長選、二十区議選と合わせて二十一日に投開票(一部翌日開票)される。

 統一選ではこれまで無投票当選が相次ぎ、投票率も低迷している。町村長選や町村議選でも無投票当選の動向が注目される。

 町村長選は三十六都道県で実施され、前回の百二十二件より一件減った。町村議選は愛媛、沖縄両県を除く四十五都道府県であり、前回の三百七十三件より二件増えた。

 北海道では町村長選三十五件、町村議選百件が実施される。議員のなり手不足に直面し、村議会に代わる「村総会」設置を一時検討した高知県大川村の村議選(定数六)には七人が届け出を済ませ、八年ぶりの選挙戦となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報