東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

87歳車暴走で母子死亡 池袋8人けが「アクセル戻らず」

壊れた自転車などが散乱する、暴走した乗用車(右)が歩行者をはねた事故現場=19日午後1時37分、東京都豊島区で(一部画像処理)

写真

 十九日午後零時二十五分ごろ、東京都豊島区東池袋四の都道交差点で、板橋区弥生町、無職飯塚幸三さん(87)の乗用車が、横断歩道を自転車で渡っていた豊島区東池袋二、無職松永真菜(まな)さん(31)と長女莉子(りこ)ちゃん(3つ)や歩行者らを次々とはねた。松永さん親子は病院で死亡が確認された。ほかに、飯塚さんを含む四十〜九十代の男女八人が骨折などの重軽傷を負った。 (福岡範行)

 警視庁交通捜査課によると、ドライブレコーダーに残された音声から、飯塚さんは事故直前、同乗していた八十代の妻から「危ないよ。どうしたの」と声をかけられ、「どうしたんだろう」と答えていた。事故後、息子に「アクセルが戻らなくなって、人をいっぱいひいてしまった」と電話していた。

 飯塚さんは池袋駅方面から南東に走行中、道路左側のガードパイプに接触。スピードを緩めずに約百五十メートルにわたって暴走した。その間、横断歩道で自転車の七十代の男性をはね、二カ所目の横断歩道で、自転車に乗っていた松永さん親子をはねた。さらに、左側から来たごみ収集車と衝突し、別の横断歩道に突入。歩行者四人をはねた。対向車線で信号待ちをしていたトラックにぶつかって止まった。

 現場は片側二車線の直線。いずれの横断歩道も飯塚さんの側が赤信号だったと、交通捜査課はみている。目立ったブレーキ痕はなかった。

 警視庁は、飯塚さんが運転操作を誤った可能性があるとみて、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで調べている。飯塚さんは二〇一七年に免許を更新していた。

 高齢ドライバーによる事故では一六年十月、横浜市港南区で児童の列に軽トラックが突っ込み、八人が死傷。同十一月には東京都立川市で乗用車が暴走し、男女二人が死亡した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報