東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

Jヴィレッジ、全面再開 「復興につながれば」

全面再開されたJヴィレッジのグラウンドでサッカーを楽しむ子どもたち=20日午前、福島県楢葉町で

写真

 東京電力福島第一原発事故の直後に収束作業の拠点となった福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)が二十日、約八年ぶりに営業を全面再開した。既存の施設に加え、大規模会議室を備えたホテルや全天候型の屋内練習場が新たに整備された。

 二〇二〇年の東京五輪で聖火リレーの出発地となることが決まっており、原発事故の影響が残る県沿岸部の復興を後押しする役割も担う。

写真

 記念式典で福島県の内堀雅雄知事は「Jヴィレッジが中核施設として、スポーツ振興はもとより県全体の復興に寄与できるよう取り組む」とあいさつした。

 Jヴィレッジは一九九七年、国内初のサッカーのナショナルトレーニングセンターとして開設されたが、原発事故後は営業を休止。被ばくの有無を調べる装置や作業員が泊まる宿舎が置かれ、一七年三月まで、政府や東電が原発事故の収束作業の拠点として利用した。

 同四月から芝の張り替えなどの工事が進み、一八年七月には大部分の主要施設が再開。全面再開に向け、残るピッチ二面の復旧を進めていた。

 今年二月にサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」が強化合宿を実施した。

 全面再開に合わせ、JR東日本が常磐線に最寄り駅「Jヴィレッジ」を新設、二十日朝に一番列車が同駅に到着。イベント開催に合わせ停車する臨時駅として利用される。いわき市から列車で同駅に着いた幼稚園教諭の女性(42)は「明るい雰囲気がとてもいい。息子がサッカーをしているので、また来たい。福島の復興につながればいいと思う」と笑顔を見せた。

 第一原発の廃炉作業の拠点は原発構内に設置されている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報