東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

市バス突っ込み2人死亡 神戸・三ノ宮 横断歩道で急発進

市営バスによる死傷事故があった現場周辺を調べる警察官ら=21日午後、神戸市で

写真

 二十一日午後二時ごろ、神戸市中央区のJR三ノ宮駅前の兵庫県道で、市営バスが横断歩道に突っ込み、渡っていた歩行者を多数はねた。葺合署によると、同県明石市二見町東二見、大学三年柳井梨緒(りお)さん(20)と、神戸市須磨区潮見台町四、アルバイト那須勇成(ゆうせい)さん(23)の二人が死亡し、奈良県斑鳩町の女性会社員(45)ら六人が重軽傷を負った。

写真

 葺合署は自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで、運転手大野二巳雄(ふみお)容疑者(64)=神戸市長田区房王寺町三=を現行犯逮捕。「ブレーキを踏んで発進準備をしていたら、急発進して人をはねた」と供述している。バス側の信号が赤だったことがドライブレコーダーに写っていたといい、事故原因を詳しく調べる。

 葺合署などによると、バスは神戸北町発で、事故現場南側の三宮駅ターミナル前が終点。現場北側の停留所で乗客を全て降ろした後に出発する際、急発進してすぐ先の横断歩道手前の停止線で止まらなかったという趣旨の説明をしている。事故後に高架下の中央分離帯に衝突して停車した。

 神戸市交通局の内藤直樹自動車部長は記者会見し「重大な事故を起こし心からおわびします」と謝罪した。大野容疑者は一九八六年採用で、二〇一五年に定年退職し再雇用された。〇六〜一〇年に車内で乗客が負傷する事故を三件起こすなどしたが、アクセルとブレーキの踏み間違い事故はなかったとしている。大野容疑者の妻(53)によると、二十一日は普段通り出勤したという。

 交通局によると二十一日朝、タイヤの空気圧やアクセルを調べる出庫前点検で異常はなかった。

 事故を目撃した男性(20)は「停留所を出たバスが信号を無視して横断歩道にゆっくりと入ってきた」と話した。

 現場は神戸市中心部の繁華街にあり、片側四車線。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報